一括借り上げとは | 不動産投資を始める前に不動産投資のメリットについて知る

不動産投資を始める前に不動産投資のメリットについて知る

一括借り上げとは

利用する前に知っておきたいこと

一括借り上げという制度があります。一括借り上げとは、オーナーが新築マンションを購入するときに、空室分の家賃を保証してくれるという、オーナーにとって一見ありがたい制度です。 そもそもなぜ一括借り上げがあるのでしょうか。一括借り上げを不動産会社が設けた理由は、新築マンションを購入しやすくするためです。新築マンションを投資家が購入してくれないことには何も始まらないからです。 そして、忘れてはいけないのは不動産会社は営利を目的としているということです。この一括借り上げを使って儲けることができるのです。これは投資家であるオーナーの立場で言えば、よく調べておかないと一括借り上げを利用することで大きな損失を招くかもしれないということです。

一括借り上げのどんな点が問題なのか

投資家であるオーナーが一括借り上げを利用したと仮定すると、最初の1,2年は何も問題がないままに時間が流れます。しかし、2年目当たりで家賃改定があります。実はこれがとても大きな問題なのです。一括借り上げには家賃保証がありますが、その家賃は定額を保証してくれるわけではなく、2年に一度ある家賃改定で家賃の保証額が下がってしまうのです。これは一見なんでも内容に見えますが、今まで15万円保証してもらっていた家賃が12万円になったら1部屋に付き36万円も減収していきます。 これにより、オーナーは赤字になってしまう可能性もアリ、そのマンションを売却し中ればならなくなるかもしれないのです。 ですので、金銭面については特に慎重に行うべきなのです。